インターネット業界に足を踏み入れた頃の昔話

きっかけ

今から10年以上前になりますが、ITに興味を持ち始めて初めてレンタルサーバを使い始めた頃に迷った話です。 元々私は仕事ではWindowsしか使ったことがなく、Linuxというのも言葉を耳にしたことがあるくらいの状況でした。

ひょんなことからホームページを立ち上げたい思いに駆られた私は、まずは何が必要なのかから調べ始めました。 とはいえ、仕事上多少システムに近い世界にはいましたが、企業向けの仕事でERPに多少関わったことがあるくらいで、 周囲にもインターネットに詳しい人が少ない環境でしたので、Google先生のお世話になりながら、一つ一つ調べていきました。

LinuxというOS

まず最初に戸惑ったのがOSです。

当時の私はOS=Windowsという常識が支配的でしたので、Linuxってどう読むの?ぐらいの状況でした。 また、調べを進めていくと、Linuxには様々な「ディストリビューション」があって、いくつかの系統に分かれているらしいということも分かってきたのですが、これから始めるのに相応しいディストリビューションを選択するのにずいぶん悩みました。

結局は、企業向けシステムで採用されることが多いRHELと親戚関係にあるCentOSを選んだのですが、後に仕事で初めて関わったLinuxがFedoraだったため、当時は「やばい、選択を間違えたかっ!?」と少しばかり焦った記憶があります。

CentOSの実機に初めて触れたときの衝撃

Windowsが普及する以前は当然そうだったわけですが、Linuxは一部のディストリビューションを除いて、CUI操作が基本です。 特にOSインストール直後でX Windows Systemが入っていない環境では、どうあがいてもGUIを使うことが出来ません。

初めてCentOSを使ったのは、確かレンタルサーバだったと思いますが、 サーバ運営会社が提供するブラウザ型ターミナルを初めて起動して真っ黒な画面が出てきたときは、少々の懐かしさとともに、 「で、ここからどうするの???」とだいぶ困惑しました。

結局は慣れなのでしょうが、Windowsではフォルダをクリックすると中身が一覧表示されるのが当たり前ですし、 findなど検索系の「コマンド」があることすら知らなかった私は「Linuxってディスク内のどこに何があるのか、ぜんぶ記憶していないとファイルも開けないんじゃないの?!」とさえ思っていたと思います。

手持ちのファイルをどうやってサーバに持っていくのか

USBメモリやら外付けHDDが我が物顔で社内を歩き回っていた当時、サーバに大量のファイルを持っていくときは外付けHDDに入れてサーバルームに持っていき、物理的にアタッチしてファイル等をサーバに移動していました。 専門技術者はもちろん当時からそんなやり方はしていなかったでしょうが、私の周りではまだそれが許された時代でした。

そんな環境の中で、初めて手にしたインターネット越しのLinuxにどうやってファイルを持ち込むのかは最初の難題でした。 FTPは知っていましたが、一方で、「FTPは平文だからインターネット越しで使うのは危険」という中途半端な知識も持っていたため、FTPを使うのにはだいぶ躊躇しました。 SSHという存在も知らなかったため、サーバ運営会社が提供するブラウザ型ターミナルを使うしか選択肢がないと思い込み、コピペもできない環境に何度となく絶望したのも今となっては笑い話です。

今だと、IaaSサービスを使うときにはサービス運営会社の管理画面上でプライベートキーを発行し、HTTPS経由でダウンロードしてからSSH接続することができますので、最初から暗号化通信を行う環境が整っているのが一般的ですが、当時借りていたレンタルサーバでは、プライベートキーをOS内で自分で発行する必要があったため、そのプライベートキーをどうやったら手元に安全に持ってこれるのか、という問題もだいぶ頭を悩ませました。 結局、パスワード付きSSH接続を前提に、一時的にFTPサービスを起動してキーをローカルに転送していましたが、もしかしたらもっと良い方法があるのかも知れません。

学んだこと

この10年間で直面し、乗り越えてきた壁は数えきれない数になり、今でも両手で足りないくらいの課題を抱えていますが、IT業界、とくにインターネット業界では「調べる、手を動かす、考える」は本当に重要だと実感しています。 日進月歩で新しい技術が登場し、単調作業はどんどん自動化され、ベースレイヤーの知識がなくてもシステムを動かせる時代になってきていますが、 目の前のツール、システム等がどういう背景で動いているのかを意識する癖を持つことは、成長速度に大きく影響しますし、上物(ツール、システム等)が変わったときの適応力を高めます。 私自身、まだまだ未熟を自覚していますが、今後もこの姿勢を崩さずに地道な努力を重ねたいと思っています。

思いがけず、本当の意味でのブログ記事っぽくなってしまいました。。