【続報】運営するサーバのIPをアドレス変更してから「変」なことが続いています

昨年12月に投稿した記事になりますが、 Webサービスを運営するサーバを別のクラウドサービスに切り替えたあたりから、Search Consoleに表示されるインデックス数が激減した記事を書きました。

blog.boost-up.net

今日は久しぶりにその続報をお伝えします。

サイトマップのインデックス数はなんとゼロ!!

前回報告時には約4,000ページの10%程度まで落ち込んでいましたが、 その後も減少が止まらず、ついにはゼロになってしまいました。 本当にゼロです。1件もありません。

ほぼ時を同じくして、完全SSL化の対応も行ったため、 Search Consoleには以下2つのプロパティを登録していますが、いずれも完全にゼロです。。

http://上場企業サーチ.com https://上場企業サーチ.com

サイトマップにはきちんと約4,000件が送信済みとして認識され、直近では2018年5月19日に処理されています。 インデックスエラーもゼロです。

検索アナリティクスは復活!!

諸々の変更前には一日あたり5,000~10,000PVだったのが、一時100ページ程までに落ち込んでいましたが、 こちらは徐々に増加に転じ、Search Consolの表示上も完全に元に戻りました。

変更前サーバからのIPベースの被リンクは若干残ってる

以前の記事で書いた通り、サーバの切り替えの仕方に起因すると思われる謎の被リンクが大量に残っていた件は、 Googleの被リンク否認ツールに登録して以降徐々に減り始め、いまでは殆どなくなりました。

ただ、ゼロにはなっていないので、影響が完全に排除されたのかどうかはわかりません。

結局実害が出ているのか?

前回の記事を投稿してからここまで約半年間、大騒ぎしなかったことがすべてですが、 Google Analyticsに見る実際のアクセス数は完全に元に戻っており、 Organic Search経由の流入比率も変更前後で大きな差異は出ていません。

Search Consoleでサイトマップの情報が見れないこと以外は今のところ不自由も感じていません。

まとめ

ということで、問題が解消したらまた更新したいと思いますが、 前回の投稿時に書いた「大変なことが起きている」は取り下げさせていただき、 タイトルを「変なことが続いている」としたうえで、この件については当面静観したいと思います。