上場企業の有価証券報告書に対してモノ申したいこと

前回、「上場企業の平均年収の調べ方」を紹介しました。

blog.boost-up.net

今回は、そのデータソースである有価証券報告書について、どうしても言いたいことがあります。

有価証券報告書の信頼性

以下は、株式会社ユーグレナという、東証一部に上場している会社の直近事業年度の有価証券報告書となります。 赤枠で囲った平均年間給与を見てください。

f:id:boost-up:20180709084152p:plain

5,732,793千円です。57億円です。。

同様に、以下は、株式会社あみやき亭という会社で、東証一部および名証一部に上場している会社の直近事業年度の有価証券報告書となります。

f:id:boost-up:20180709083818p:plain

5,366,170千円です。53億円です。。

私は日本の全上場企業の有価証券報告書を一定の範囲でチェックしていますが、 このようなミスは上記2社に限らず、年に数社は発生しています。

ここではたまたま年間平均給与を取り上げましたが、 誤りが発生している(可能性がある)のはこれに限らないと思います。

有価証券報告書って会計士も見ているのでは?

よくある質問ですが答えはNoです(ある部分ではYesですが、、)。

上場企業の金融商品取引法に基づき監査法人または公認会計士による会計監査を受けなければいけませんが、 ここでの監査対象はあくまで「財務諸表」のみとなっています。

有価証券報告書の末尾に「独立監査人の監査報告書および内部統制監査報告書」というものがありますので見てみましょう。 以下はユーグレナのものです。

f:id:boost-up:20180710082114p:plain

本文の書き出しにこう記載されています。

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている株式会社ユーグレナの平成28年10月1日から平成29年9月30日までの連結事業年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基礎となる重要な事項、その他の注記及び連結附則明細表について監査を行った。

これは定型文となっていますので、どの会社の監査報告書にも原則として同じ文言が記載されます。 ※この他、「独立監査人の監査報告書」というものも添付されていますが、こちらは上場企業単体の監査報告書になります。

このように、会計士は有価証券報告書の一部に含まれる(連結)財務諸表のみを監査しているにすぎず、それ以外の定量・定性的な記述についてはすべて監査対象外となっています。

上場企業には是非ともチェックの徹底を!

有価証券報告書は現在だけでなく将来の投資家に対する情報提供も目的として作成が義務付けられている書類となります。 是非、企業および開示担当者にはチェックの徹底をお願いしたいと思います。