ヨドバシ・ドット・コムのお届け予定日時の連絡が正確すぎてちょっと怖い

ヨドバシエクストリームサービス便の配達スケジュールは分単位

先日、ヨドバシ・ドット・コムで消耗品を買った時の話です。

7月14日に買った商品の発送について、ヨドバシ・ドット・コムからメールが届きました。

ヨドバシエクストリームサービス便:ご注文商品配達開始のお知らせ

f:id:boost-up:20180718080448p:plain

メールが届いたのは7月15日 12時54分です。 到着予定日時は、、っと、、!?

7月15日 13時28分頃、、 まさかの分単位です。

半信半疑ながら、ワクワクドキドキしながら待っていました。

電波時計が13:28を周り、30秒ほど過ぎた時です。 まさかの、ピンポーン♪!!? ヨドバシエクストリームサービス便の到着です。

しかも、同サービスは他の宅配便サービスと異なりサインも不要で、玄関先で荷物を受け取るだけというシンプルさです。

配達員の方が帰られて程なくして、 またメールが届きました。

ヨドバシエクストリームサービス便:ご注文商品配達完了のお知らせ

f:id:boost-up:20180718080637p:plain

■お届け日時  07月15日(日) 13時29分頃 お渡ししました

ええ、確かに受け取りました。

この体験から思ったこと

実際には30分前に配達予定を通知されても、在宅でなければ受け取ることが難しいと思いますので、 凄いのは間違いないですが、冷静に考えると少々使いどころの難しい正確さのようにも思います。

むしろ、この仕掛けによって、その30分に予定している他の配達を正確にこなすことで、次の30分の精度も高まる効果を期待しているのではと邪推すると、 ロボットが配達する時代ならともかく、人間が配達する現代においては、配達員の方のストレスが心配です。

渋滞予測などはもはや当然として、暑くて倒れそうなときの休憩や急なトイレ、あるいはいつものお客さんとの少々の会話までもが全部否定されるか、それすらもAIなどにシステム的に予測されてバッファに組み込まれているか。

今日では、多くの企業ではシステムの上に立つ人(企画する側)と、システムに混み込まれる人(ユーザ)とが厳然と線引きされており、システムを企画するときにはどこからか専門家が現れるのが珍しくはありませんが、そのシステムが誰の為に何を優先するかによって、あるべきシステムは大きく異なります。

また、高品質と過剰品質の境界はとても曖昧で、人によってその境界は大きく違います。

そういう意味では私の感覚もあくまで個人的なものですが、一個人としては、宅配便で数分の正確さを競う先に幸せがあるとは思えません。

とはいいながら、時間が読めない宅配便は使いたくないですし、受取人の立場からは時間にルーズなよりは正確な方が有り難いのは間違いないわけで、人間立場変わればというか、勝手な生き物というか、匙加減が難しいです。

最近は多くの会社にシステム企画の部署が設けられていますが、彼らの思考が会社経営に与えるインパクトというのは非常に大きいんだなと、改めて思いました。

ヨドバシエクストリームサービス、 直訳すると、「ヨドバシの極端なサービス」。 名は体を表しているかも。。。

こんなこと書いてますが、分単位の事前連絡がなくてもサービス自体は大変便利なので、今後も使いたいと思います。